マグネットワイヤー事業グループ(Magnet Wire Business Group) は、関廟、昆山、長安の3事業処があり、海峡両岸の各地クライアントの納期のニーズを充分に満たしています。生産されている「双龍ブランド」のマグネットワイヤーは国内外ですでに40年以上販売されています。長期的な専業生産経験に基づき、徐々に異なる特性を有するマグネットワイヤー、フラットワイヤー、三層絶縁ワイヤー製品を発展させ、工業、消費財、自動車、電機電子産業で幅広く運用されています。同時に、カスタマイズ製品サービスを通じて、大亜は終始、顧客の高品質へのニーズを満たしています。

       関廟事業処は2013年7月、TAF評価に合格し、検査ラボ認証を取得しました。ラボ名は、「大亜品質質量検査ラボ」(認証番号:2750)で、同年、TAFラボが発布する「ILAC MRAラボ組合マーク」(ILAC Laboratory Combined MRA MARK)を取得しました。

  • 大亜の品質;質量検査ラボのテスト領域には、マグネット銅、アルミワイヤー、三層絶縁ワイヤー、裸硬銅、裸軟銅線が含まれます
  • 検査標準には、CNS 8938、JCS334A、UL2353などの検査項目内容が含まれます。

       大亜の品質;質量検査ラボの検査能力はTAF評価を合格し、認証認可は国際水準に合致し、世界67国家、81認証機構の認可ラボと同等の技術を有しています。認証の合格は品質保証の開始です。

       大亜の品質;質量検査ラボは、ISO/IEC17025の精神に基づき、品質ポリシーの各コミットメントに達しており、優良専業技術により、信頼できる検査結果を提供しています

       国際試験所認定協力機構(ILAC)は、会員の認証試験?ラボの世界的な受入度を高めるため、特別にILACMRA試験?実験組合マークを発行しています。TAFは、ILAC相互承認協議の署名会員で、本マークの一つの使用授権をすでに獲得しています。また、認可試験?ラボの授権も受けており、試験?ラボ組合マークの発行を報告しています。